おうちにキャンピングカーがあるとできること

新型コロナウイルス感染症の拡大を防ぐため、不要不急の外出自粛要請が発令されたりと長期の自粛を余儀なくされ、自粛疲れといった新たな問題が発生してきました。県をまたぐ移動もやっと緩和されたとはいえ、すぐには旅行に行ったり外食をしたりというのはまだまだ難しいです。また、外食先もテイクアウトのみやソーシャルディスタンスを守るため、席数が減らされていたりと今までとおりとはいかなくなりました。

withコロナの時代に突入し、それぞれが出来ることを模索しながら、ストレス発散・解消を見つけようとしているのではないでしょうか。

そこで、新たなキャンピングカーの使い方をご提案!!

①お庭にキャンピングカーを置いて、違う環境で生活してみる。新鮮な気持ちになる。

②お庭でアウトドア。キャンピングカーがあるだけで一気にアウトドア感が倍増。テントを張ったり片付けたりの手間もかかりません。ロックが掛かるので就寝時のセキュリティ対策も◎

③両親やお友達、子供のお友達が泊まりに来た時のゲストルーム。誰かが来るとなると掃除やお布団の準備やらで大変。また、部屋数も限られているので、泊まりに来られることをためらうことも。特別感も演出できるし、子供なら大喜び間違いなしです。

④特別な日を祝う。子供の誕生日の場所をサプライズでキャンピングカー用意。車内をデコレーションすればさらにテンションも上がり、記憶に残る誕生日になるのではないでしょうか。

⑤リモート飲み会。家にいながら別宅にいる気分で飲みながら、他のメンバーにも自慢できます。車内には電源があるので充電の心配はいりません。冷蔵庫も装備されていますので飲み物も常に冷やすこともでき、わざわざお家に取りにいかなくても大丈夫。また、簡単な調理もできるので料理腕前を披露するのも面白いかもしてません。

他にも使い方はたくさんあります。自分にあったライフスタイルでのご利用が一番。お気軽にご相談ください。

電話 0859-36-8883 エッグ総研・山陰CRC

電話受付の営業時間:月~金(祝日は休)8:30~17:30