夜を守る神社「日御碕神社」

日が昇る東の「伊勢神宮」、日が沈む西の「日御碕神社」として、伊勢神宮が日本の昼を守る神社であり、日御碕神社は夜を守る神社と言われています。

ここ日御碕神社は「出雲国風土記」にも「美佐伎社」と記された古社です。楼門をくぐると、境内には2つのお宮があります。「神の宮」には「スサノオノミコト」、「日沈宮」には「アマテラスオオミカミ」が祀られています。

こちらが「日沈宮」で「アマテラスオオミカミ」が祀られています。日御碕神社社殿の中で最大の建物。内部は上段の間と下段の間に分かれており、古文書によれば上段の間はかつて「神楽所」と呼ばれていたとされます。

こちらが「神に宮」で「スサノオノミコト」が祀られています。

「日御碕神社」 島根県出雲市大社日御碕455 

JR出雲市駅からバスで約45分 出雲大社からバスで約20分

20台の無料駐車場もあるのでお車でも可能です。