弥生時代にタイムスリップ!?むきばんだ遺跡公園で遊ぶ!!

鳥取県大山町にある「鳥取県立むきばんだ遺跡公園」は「晩田山」一帯に広がる、大規模な弥生時代の遺跡です。約1900年前~1700年前の竪穴住居跡が400棟以上、掘立柱建物跡が500棟以上、墳丘墓は30基以上が見つかり、弥生時代に大きな集落が存在していたことで注目されました。

洞ノ原8号竪穴住居 この住居は、妻木晩田遺跡最盛期に造られた典型的な竪穴住居。発掘前の地表に竪穴の痕跡が残っているほど保存状態がよく、竪穴周囲の土盛も残っていたそうです。周堤も含めた住居全体の大きさは径13mになります。実際に中に入って見ることができます。

竪穴住居の構造 原寸大の骨格復元建物。12畳くらいの広さに4~5人で暮らしていたと考えられています。日本家屋の茅葺屋根の原型版なのかなと思うような感じです。構造は結構複雑ですので、間近でみて体感してください。面白い発見があるかもしれません。

こちらは小型の高床倉庫らしいです。食料を湿気や獣などから守るための建物とされています。

ここからは、美保湾・弓ヶ浜・美保関を眺めることができ、絶景のスポットです。天気が良ければ、隠岐の島も見えるということですが、私にはまだ映りません。奇跡がおこるかもしれませんので、是非、一度は足を運んでみて下さい。

芝生の大きなスペースもあり、思いっきり走ったり飛び回ったりもできるので、小さなお子様でも楽しめます。また、火おこしや勾玉づくり、土器づくりなどの「弥生体験」が豊富にあります。詳しくは https://www.pref.tottori.lg.jp/41865.htm

「バス停」と「弥生の館むきばんだ」
自家用車60台分の無料駐車場

バス停や無料駐車場があるので安心です。

入場料 無料 開催時間AM9時~PM5時(入場は4時30分まで)

鳥取県西伯郡大山町妻木1115-4 

URL https://www.pref.tottori.lg.jp/dd.aspx?menuid=41862